09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-09-16 (Tue)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
今日はどこを探してもオチは落ちていないので、自らオチを生み出せる方及び、
たまにはレアな真面目記事も読んでやるか的奇特な方のみ、どうぞ〜

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


先日ね、ポメマニアン仲間のとあるポメちゃんがカフェで大きな怪我をした
そうなのです。
短吻種のわんこ、それも力の弱い小さな子がリードを持って近づいてきた
ことに怯えてパニックに陥ったのか、そのわんこ自身と衝突したことによる
怪我かは定かでないけれど。
被害に遭われたポメちゃんの飼い主さんは、自身の対処が不十分だと反省して
いらしたのだけれど、でも。
少なくとも、相手のわんこがパニックに陥るほどに自分のわんこを近づけて
しまったお相手の飼い主の方々のほうに、私は憤りを感じてしまうのです。

私もめいも、幸いにも嫌いな犬種や苦手な犬種はないけれど。
好きな犬種を飼いたいという気持ちを否定するつもりもないけれど。
その上で言わせて頂きたい。
万が一の時に力で制御できない人に、わんこのリードを持たせるべきでないと
思うのですよ。相手を傷つけないために、自分のわんこも傷つかないために。
M嶋N子さん(& S町T史さん...と付け加えてみる。SKこっこさんありがとう)の
ドーベルマンの件を反面教師にして。

何もしていない?
そうですね、本当に何もしてくれませんでしたね、的な。

要するに今回、大人の対処で済んだのはたまたま相手が良かったからであって、
それが当たり前だと思うのはお間違えさんなのですよ。
警戒のサインも、いくらカーミングシグナルがある程度わかってきていると
言っても、そのシグナルの出し方はその子それぞれ。威嚇のサインも然り。
ほとんどサインを出さない子もいるくらいだから、教科書通りとはいかない
のですよ。

どんなにわんこ好きでも、見ず知らずのわんこのそういったサインの出し方や
クセまで見抜くのは難しいのだから、よその子を制御するのを躊躇してしまう
のは当たり前。
それは怖いというだけではなくて、相手のわんこが仮に自分を噛んだとしたら、
噛んだわんこがもっと危険な立場に置かれてしまうという配慮もあってのこと。
だからこそ、自分の子の性格を熟知した飼い主が未然に防いであげるべきで、
そして、パニックになった子を無理矢理制御すると予測できない怪我をさせる
こともあるから、できることならパニックに陥らせた原因の側が、一刻も早く。

それからね、時々お散歩で見かけるけれど、小さい子を連れたお母さん方が
飼い主の了承もなくわんこに触れてきたり一気に近づいてきたりするのね。
『わんこに近づくときは、飼い主に一声かけてからの方がいいと思いますよ〜』
...と言うと、実に嫌な顔をなさいますが。
人が苦手なわんこだったらどうするの?
そのわんこが自分の身を守るために、歯を当てたらどうするつもりなの?
自分の行動を棚上げして、被害者面するの?

人やその社会で暮らす上でルールを教えてあげてはいても、それでもやっぱり
わんこにはわんこの本能があって。
顎の力も、一説では大きい子の瞬間的にかかる力は200kg、小型犬でも
100kgを超えるとも。
その力を持った子達は、噛まないだけで噛めないわけではないということも
知って頂きたい。

終生そのわんこの命を守る気概と覚悟、生半可なものではないのです。
社会でお互いにより暮らしよくするために、努力もしているのです。
できればそこにも気付いてください。そう思うのですよ。
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by さきこっこ
うちのあくびはわんこ嫌いなんでなかなかお友達ができません。
なので、チャンスがあれば(相手のわんこさんがフレンドリーな子限定で)
近づかせてもらってるんですが
必ず飼い主さんに
「この子、わんこさん苦手なんですけどいいですか?」
とか、わんこさんに
「いろいろ教えてやってくれる?ごめんね」
と声をかけて近づかせてもらってます
が、あくびが「何にも見えません。誰もいません」
現実逃避に行くと終了して
飼い主さんとわんこさんにお礼を言ってお別れします。

誰でもフレンドリーなわけではないし
ヒトには懐く子、わんことは仲良くできる子
場所によって緊張する子
まちまちですから
≪そんなはずない≫っていうのはないんですよね

でもわんこさんは言葉を流暢に話せるわけでもないし
気持ちをくみ取るといっても100%なんて無理だから

そのうえで、どう付き合うかってこと
それぞれが命で、感情があって、習性があって、
そういうことをもっと理解し直さないといけないと
改めて考えさせてもらいました

怪我したわんこさん、怪我させてしまったと悔やんでらっしゃる飼い主さん
体と心ともに回復されることをお祈りしてます

そうそう Ⅿ嶋さんのくだり、
できれば所帯主のS町さんで言っていただけると、と
ご主人の立場を気にしてしまったワタクシ

結婚したことないけど。

☆さきこっこさんへ〜♪ * by ぴろ
うんうん、さきこっこさんみたいに『この子はこういうタイプです』って
あらかじめアナウンスして頂けたら、受ける側も気構えができてとっても
有り難いですよね!
それでもダメだっていうタイプの子だったら、その時点でお断りもできるし、
わんこの状態で引き際もちゃんと判断してもらえるのは、私がその立場に
なったとしても、とっても嬉しい対応です( ̄▽ ̄人)♪
できるなおぬし!とか思いますね、うん。
皆さんがそうだと、本当にいいのに。

困る方は、『うちの子が遊びたがってるから』という相手の都合のみで
断りもなくずいずい近づいてくるのですねぇ〜。
めいは平気だけど、お友達わんこが同じようにわんこも人も苦手な子で、
毎回パニックを起こしてリードに絡まってギャン!とか言ってたり。
そうなると、抱きかかえるのも困難になっちゃうんですよね。
そんな怯える子に対して、笑いながら!笑いながら!!中型犬のリード
から手を離した人もいましたね。フリーのランじゃないのよ?道路でよ?
もうねー、言いたくないけど同じ愛犬家として...ゲフンゲフン。

もちろん、私もまだまだ学ぶことがたくさんあるので、こういうことを
ただ頭に来た!で終わらせないようにしなくては...と思いますね...

ぐはぁ!
そ...そういえば。
S町さん、ないがしろにしてゴメンナサイ...てか、存在忘れてゴメンナサイ...
確かに一家の主人はS町さんでした。
なんてこった!!

* by うるふ
おぉ
さすがメイまま!!
私があのブログで何をみんなに伝えたかったか受信してくれたのね~^^
アレな電波で通じたのかしら??

腹が立たないといえば嘘になるけど
「うちは何もしてない」と言葉を出せちゃうような残念脳な人には
わざわざ労力を使って犬のダブーを教えてあげる程
私はお人よしでは無いから、無言で去って
あのカフェでペチャ男の飼い主がマナー知らずな
ダメ飼い主というレッテルが貼られるのを期待するわ~

残念脳なペチャ男の飼い主に腹を立てるヒマが有ったら
ノワがどうしてやれば快適に家の中でも動き廻れるかを
考えてやる方に時間を使うわよ!!

んでね、全然話しは違うけど、この間ナッツの新しい名前を聞いてから
すんごい感じたことがあるの!!

めい と なつき 
ほぼトトロの世界よね?
トトロ役はウルフ、まっくろくろすけ役はノワで良いかしら?

☆うるふさんへ〜♪ * by ぴろ
もちろん、アレな電波がばっちりどっさりとw
そして我が家の受信っぷりは、スーパーカミオカンデもビックリですよ←嘘。

そうなんですよー、私も『何もしない』ことが免罪符だと思っている発言に
ビックリして。
その場にいたらきっと、右手で鋭いツッコミ入れてましたYO!
それはもう、手刀で瓦割りの勢いですよ、えぇ。

なんかね、その飼い主さん達は同じ愛犬家としてすごく残念なんです、私。
言いたいことは山ほど、それはもう山ほどあれど。
確かに、まずはノワくんが毎日をストレスなく快適に過ごせること、これ以上
痛い思いをしないこと、これですよね!
起こってしまったことの時間を巻き戻すことはできないけど、その中で最善を
尽くそうとしてくれるうるふ家の一員であることが、ノワくんにとっての幸福
だなぁなんて思ったり。

...あ、気付いちゃいました?
私もね、そこでしばらく悩んだんですよ。
狙ってないけど、全然狙ってなかったけど、これまさかのジ●リっぽくね?
...とか思って( ̄▽ ̄)アレー?

ちなみに、まっくろくろすけは団体様ご一行なので、私も当然その一員と
いうことで。
ほら、オフ会でも物陰でウォーリーって、本領発揮してたしw
参考までに、白いモフモフな小ト●ロは、レーチェくんでお願いします( ̄▽ ̄人)

補足ですが、ナッツくん婿入り予定の某県某地区、今は恐らく日本全国で
最も安全かと思われ。ほら、全国の応援部隊560人の目がね。ありますからね。
↑時事ネタ。

* by betipa
まずは、大けがをしてしまったポメちゃん。
もう大丈夫なのかしら。早く良くなって、で、嫌な怖い思いは一刻も早く忘れられますように。。。

でね、私も思うのよ。
力を制御できない人がリードを持つべきではないと。
ヨーロッパなんかじゃ、リードなしでも、ほかのわんこにゃんこに興味なしな、訓練を受けたコがたくさんいるけど、日本じゃそこまで訓練されているこは、まれ。

なので、ティーナが来る前。シェパードの引き取り手を探すボランティアさんのお声かかりで、引き取りたがった母を、説き伏せたのも、そこなの。
だってね、1歳で捨てられたジャーマンシェパード。
これから力も必要なのに、母は70歳。
どう考えても、制御できないときがあるはず・・・と。
※そのこは、長屋の1軒分を犬小屋に改造してくれたお家にもらわれていったわ。

でね、もうすごい昔だけど、betipaがルンルンとお散歩をしていた時、前方から大型犬が2匹、突進してきたのよ。
はるか後ろから犬を追いかけるおばあさん付で・・・・
その時はbetipa、とっても若かったから(笑)、とっさに足て突進してくる大型犬のリードを踏んで、betipaの犬を逃がしたの。
あれ、できなかったら・・・と思うと、今でも背中が寒くなります・・・・
もし・・・・って想像することを、みんな持たないとね。

☆betipaさんへ〜♪ * by ぴろ
精神的なショックは辛いですよね。はぁ。
飼い主さんはわんこを飼うことにとっても長けた方なので、きっと元気に
なってくれると信じているんですけど...さぞ驚いただろうなぁと思うと。

大きなわんこを安心してお散歩させられないと、わんこ本人も飼い主も、
どちらにとっても辛いことですもんね。
体の大きな子や力の強い短吻の子は特に、きちんとしてあげたいですよね。
betipaさんの冷静な判断で引き取り手にならなかったことが、結果的に
その子の幸せにつながったのだと思うと、本当に嬉しい〜( ̄▽ ̄人)

...というか。
その突進わんこ2頭withご婦人って( ̄□ ̄;)
しかも飼い主が追いついてないって。
怖すぎます、怖すぎますよ!ガタブルですよ!
飼い主さんが制御できてないっぷりがあからさまな状態で、前から突進
してこられたら、ビックリどころじゃないですよ!
反射神経バンザイですね...
無事だったから過去の話として聞けますけど、考えれば考えるほど怖い〜。

betipaさん、本当に本当にそうですね!
それぞれの飼い主が自身のわんこを信じてあげることは大事ですけど、
でも、もしものケースを考えておくことは必要ですよね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。